霊視と占い師とは、何に違いがあるのか!歴史的な違い!

  • 2018.08.12 Sunday
  • 16:49

霊視と占い師とは、何に違いがあるのか!歴史的な違い!

違い霊視と占い師とは、何に違いがあるのかと思われる人もいるかもしれません。

 

霊視そのものは、過去にも力を発揮されていた人もいました。ただし、昔は現在ほど、霊視の認識が それほど高くは無く、力のある人が仕事を行うためには、占いの知識を身につけ占い師として活動しなければならなかったのです。

 

よく言われる話としては、霊視が出来るでは無く、あの占い師、見えている、などと言われていた話もよくあったかもしれません。

 

インターネットが普及しておらず、多くの人が霊的な知識を持ち合わせていなかった背景などもあるでしょう。

 

詳しい話については、知識を持ち合わせていない人に、どの様に説明しても理解できず、占い言えば、なんとなく納得してもらえた時代などもあったはずです。占い師という肩書きの方が、相談に応じやすかった時代でもあったのです。

 

ただし、江原啓之さんの登場によって、多くの人が、霊視の存在について知る事となりました。

 

インターネットの普及などもある中で、占い師と言う肩書で無くても相談に応じ出る時代でもあります。

 

ただし、年配の人の中には、インターネットが普及する以前の姿として、霊視が出来る中で、占い師という肩書きで相談に応じられている人もいます。

 

占い師という肩書きは、誰しもが名のれる場合もありまして、 力のある姿を表現するために、その名前を捨て去った人も、もちろんいるでしょう。

 

人には、生まれて持ち合わせてくる基本的な精神エネルギーがあるとされ、そのエネルギーの相性で判断する占いなどもあります。生年月日を必要とする四柱推命などはそれに当たります。

 

霊感が高い人の中には、頭から降りてくる感覚をそのまま伝える占い師もいます。問題を抱えている場合において、解決策を求められる場合は力を発揮される場合もあります。

 

占い師と言う言葉は、一言で表されますが、その分野は様々であり、一言では言い切れません。相談者の中でも、解決策を求められる人もいれば、ありのままの結果を求められる人もいるでしょう。

 

霊視と占い師の違いは、 大まかに言えば、見える内容を使ってアドバイスをされるのか、違った方法でアドバイスをされるのかの違いです。

 

どちらに力があるとも言い切れません。相談者が求める内容の違い、タロットカードなどは、時間軸における運気などを読み取るのに力を発揮される場合もあるためです。

 

無料プログラムで出来る占いも様々でありまして、どれが一番良いのか言い切れないのと同じです。

 

見える内容というのは、確実性が高いため、結果を求める相談であれば、霊視による相談が良いでしょう。霊視ができる人でも、占いの道具を併用されている先生もいまして、そのような先生に相談をされてみるのもお勧めです。

 

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

占い師になりたい方へ

selected entries

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM